沖縄最大級の墓を持つ一族の謎に迫る!?DVD『我ら一族 幸地腹門中(こうちばらむんちゅう)』

おすすめ商品

¥ 3,150 税込

商品コード:

数量

沖縄では「門中墓」と呼ばれる、家のように大きなお墓があります。
「門中」で「むんちゅう」と読みます。

糸満市には沖縄県内では最大の門中墓があります。
「幸地腹門中墓」です。2016年に法人化され「一般社団法人幸地腹門中」となりました。

「門中」は、父方の血族で繋がる一族を指しています。そのため父方の血が入らないよそから嫁いできた嫁や、婿養子、養子や養女は門中には入りません。

他府県の個人墓とは違い、沖縄の「門中墓」は人々が亡くなるとここに納骨されています。

同じ沖縄の門中と分かれば仕事も進みやすいなど、その結束が強いのも特徴のひとつです。

一族全員が眠る幸地腹門中の墓には、三千人(一説では五千人)を超える人々が眠り、
その敷地は5,400㎡!!(約1600坪)幸地腹門中の墓は、中央の本墓、手前に四つの仮墓が建っています。敷地内に、トーシー墓(当世墓)と4つのシルヒラシ墓がある沖縄県内最大級の共同墓です。

門中行事には、年頭(ニントゥ)から総会まで年間25~30程の行事があります。
弊社が製作した「我ら一族 幸地腹門中」DVDは、これらの年間行事に密着し撮影・編集しました。

門中の成り立ちから系統・構成、年忌法要・白銀岩の由来記、ウマチー、神酒(ミキ)作り、門明(ジョーアキー)、洗骨をはじめ、墓の内部まで細かに撮影を行いました。

(参考文献)
幸地腹門中 新地親族家系譜(平成14年発行)
(参考リンク)
http://www.city.itoman.lg.jp/kankou-navi/docs-kankou/2013022300254/